組織学会「高宮賞」

組織学会「高宮賞」とは

組織学会賞は、若手研究者による組織科学研究を奨励するために、1985年6月に創設されました。
組織学会の基礎を築き、特に若手研究者の育成に尽力された第二代会長・高宮晋先生のご遺志を受け継ぎ、先生の没後(1986年)「組織学会高宮賞」となりました。

記念すべき第1回の受賞作(著書部門)は、『日米企業の経営比較』加護野 忠男・野中 郁次郎・榊原清則・奥村昭博(著)(日本経済新聞社)でした。

高宮晋先生は、1933年に東京帝国大学経済学部を卒業し、1945年に東京大学教授となりました。
その後、一橋大学教授、上智大学・経済学部長、産業能率大学・第二代学長を歴任し、組織学会創設時より、23年間(1963~86年)もの長きにわたり、第二代会長として学会発展のためにリーダーシップを発揮されました。
組織学会と関わりの深い「一般社団法人 経営研究所」も高宮先生が産学連携研究のために創設した組織です。

日本における近代組織論、アメリカ経営学の研究発展に偉大な足跡を残された高宮先生は、その豊かな学識と人柄に基づき、組織学会の基礎を築いただけでなく、日本企業の民主化・近代化に多大なご貢献をされました。戦後日本の激動の時代以降、企業経営・組織が大きく変貌する中にあって、人間性への強い思いを抱き、経営組織のあるべき姿を探求されました。

その他の要職として、世界経営協議会・副会長、日本経済学会連合・理事、日本経営学会・理事、日本生産性本部・理事、日本学術会議・第三部会長、Vice Chancellor of International Academy of Management等を歴任されました。 その功績により、藍綬褒章、勲三等旭日中綬章、勲二等瑞宝章を授与され、従四位に叙せられています。

  1. 組織学会正会員の著作で、組織科学研究の奨励に資するものであること。
  2. 2014年(平成26年)9月1日から2015年(平成26年)8月末日の間に発表されたものであること。
  3. 発表時の著者の年齢は、著書・45歳以下、論文・40歳以下とする。

推薦

推薦

推薦方法についてご覧いただけます。

過去の受賞者

過去の受賞者

過去の受賞者リストをご覧いただけます。

学会賞審査報告および受賞者挨拶

2017年06月22日
第33回 組織学会高宮賞受賞者決定のお知らせ
2016年10月12日
2016年度 組織学会高宮賞・論文部門受賞者挨拶 「技術者間における知識移転の促進要因-情報獲得者の観点から-」

大会参加

組織科学

定例会・支部研究会

学会賞・活動情報

組織学会「高宮賞」

高宮賞の推薦方法

過去の受賞者

組織学会小噺

学会賞委員会からのお知らせ

学会の概要と入会

お問い合わせ

公募受付中