Vol.44 No.4

特集:マルチレベル分析への招待

後続企業のあとを追うリーダー:日本企業の多国籍度と国内競争力

著者(全著者)
伊藤 清彦・エリザベス L ローズ・趙 殷範
著者(英文)
Kiyohiko Ito and Elizabeth L. Rose, and Eunbum Cho
論文タイトル
後続企業のあとを追うリーダー:日本企業の多国籍度と国内競争力
論文タイトル(英文)
Leaders Follow the Followers: Multinationality and Domestic Competitive Position among Japanese Firms
出版年
2011
巻号
44 - 4
ページ
4 - 13
要旨
企業固有の優位性,先発者の優位性,規模の経済の概念に基づいて,企業の国内競争力と多国籍度との関係を調査した.大手企業は経営資源を多く持つため,多国籍度が高いと思われる.しかし日本企業のデータの分析結果からは,企業規模と国際経験をコントロールすると,日本国内市場のリーダー企業は競合他社に比べて,多国籍度が低くなりがちであり,多国籍度に関してはリーダーが後続企業のあとを追っている状況がうかがえる.
要旨(英文)
This paper investigates the relationship between a firm's domestic competitive position and its multinationality, based on the notions of ownership, first-mover's advantages, and economies of scale. Theoretical frameworks suggest that, because larger multinational corporations (MNCs) have more resources available to support foreign operations, they will tend to display higher degrees of multinationality, relative to smaller competitors. However, many MNCs from Japan provide counter-examples to this assumption. Using Japanese firms' data from 1975 to 2005, we investigate the relationship between multinationality and both size and domestic competitive position. Our empirical evidence suggests that multinationality, measured as the numbers of both foreign subsidiaries and countries in which Japanese MNCs operate, is positively related to firm size. However, leading firms in the Japanese domestic market tend to have lower degrees of multinationality, after controlling for size and experience, relative to their non-dominant competitors. Our findings suggest, therefore, that in terms of multinationality, the leaders are following the followers.
キーワード
グローバル戦略,多国籍企業,海外子会社,国内競争力,企業形態
キーワード(英文)
Global Strategy, Multinationality, Foreign Direct Investment, Domestic Competitive Position, MNC Structure
PDF閲覧
PDF

マルチレベル分析の考え方

著者(全著者)
牧野 成史
著者(英文)
Shige Makino
論文タイトル
マルチレベル分析の考え方
論文タイトル(英文)
Multilevel Analytical Thinking
出版年
2011
巻号
44 - 4
ページ
14 - 25
要旨
マルチレベル分析は,個人,グループ,企業,産業,地域,国など異なるレベルの現象を調査することで,個人や組織の行動やパフォーマンスを説明する多様な原因やその影響を描き出すのに利用される.シングル・レベルでのアプローチは,しばしば統計解析上の問題を生じさせ,また理論構築について誤ったインプリケーションを与えることがある。本稿では,経営学研究において,何故マルチレベル分析が伝統的なシングル・レベル分析に比べて有用であるかを説明すること,そして経営学の研究者にマルチレベル分析を経営学研究に使うことを推奨し,その価値を強調することにある.
要旨(英文)
Multilevel analysis is used to investigate phenomena at several levels of analyses, including individuals, groups, firms, industries, regions, and countries, to illuminate multiple causes or consequences of behaviors and performances of individuals and organizations. The single-level approach often creates several statistical issues and misleading implications for the theory construction. The objective of this article is to explain why a multilevel analysis method is useful in management research, as compared to a conventional single-level analysis method, and to encourage management researchers to conduct multi-level analysis and underline its value in studying management topics.
キーワード
マルチレベル分析,リサーチメソドロジー,アグリゲーション・バイアス,エコロジカル・フォーラシー,脱平均値重視の発想
キーワード(英文)
Multilevel Analysis, Research Methodology, Aggregation Bias, Ecological Fallacy, Beyond the Average-centered Conception
PDF閲覧
PDF

職場における創意工夫のマネジメント:関わり合う集団の研究開発者の進取的行動への影響に関するクロスレベル分析

著者(全著者)
鈴木 竜太
著者(英文)
Ryuta Suzuki
論文タイトル
職場における創意工夫のマネジメント:関わり合う集団の研究開発者の進取的行動への影響に関するクロスレベル分析
論文タイトル(英文)
Management of Proactive Behavior at Workplace: The Effects of Task and Goal Interdependence and Group Cohesiveness at the Group Level
出版年
2011
巻号
44 - 4
ページ
26 - 38
要旨
本論文は,集団レベルのタスクと目標の相互依存性,集団凝集性の個人の進取的行動(proactive behavior)への影響を,研究開発部門を対象とした調査によって明らかにした.調査結果からは,仕事の相互依存性と集団凝集性が高い集団では,そこに所属するメンバーの進取的行動が促されることが示され.また,自律的に仕事が設計されている人ほど,進取的行動が促されるが,目標が集団で設定されている集団であるほど,その影響が強くなることが示された.
要旨(英文)
This study examines the effects of interdependence of task and goal and group cohesiveness at the group level on the proactive behaviors at the individual level. The data was collected from R&D researchers in a pharmaceutical company. Results of a cross-level analysis indicates that individuals tended to behave proactively in a workplace with high task interdependence and group cohesiveness and that individuals with high job autonomy behave more proactively in a workplace with shared goals.
キーワード
進取的行動,タスク相互依存性,目標相互依存性,集団凝集性,クロスレベル分析
キーワード(英文)
Proactive Behavior, Task Interdependence, Goal Interdependence, Group Cohesiveness, Cross-level Analysis
PDF閲覧
PDF

日本企業における産業特性と高業績人材マネジメントシステム:米国研究の発展的リプリケーション

著者(全著者)
竹内 規彦
著者(英文)
Norihiko Takeuchi
論文タイトル
日本企業における産業特性と高業績人材マネジメントシステム:米国研究の発展的リプリケーション
論文タイトル(英文)
Industry Characteristics and High-Performance Work Systems among Japanese Firms: An Extended Replication of the US Study
出版年
2011
巻号
44 - 4
ページ
39 - 51
要旨
本研究では,Datta, Guthrie, and Wright(2005)が米国製造企業を対象にして行った高業績HRMシステム(highperformancework systems:HPWS)と企業業績との関係に与える産業特性の調整効果に関する実証的検証について,日本の製造業サンプルを用いた発展的なリプリケーションを行う。日本企業142社の人事部,経営企画室双方の質問紙調査データ,及び既存のアーカイブデータを組み合わせたマルチレベル分析の結果,日本と米国とでは,高業績HRMシステムが異なる産業特性の上で有効である可能性が示唆された。
要旨(英文)
This study aims to conduct a constructive replication of Datta, Guthrie, and Wright’s (2005) US empirical work that demonstrated the moderating effects of several industry-level characteristics on the relationship between a firm’s use of high-performance work systems (HPWS) and organizational performance. In an attempt to extend their US study to Japanese settings, a multilevel analysis was executed over the 142 matched data derived from both HR and corporate planning departments in Japanese manufacturers, combined with the publicly available secondary data. Results indicate that there are fundamentally different industry-level milieus between Japan and US Where HPWS is positively related to the performance for each national group of firms. The findings are used to discuss the potentially different functioning of the HPWS between Japan and US, posing a question to the ongoing universalistic view regarding the efficacy of HPWS for firms in the West.
キーワード
高業績HRMシステム,産業特性,マルチレベル分析,発展的リプリケーション,日米比較
キーワード(英文)
High-Performance Work Systems(HPWS), Industry Characteristics, Multilevel Analysis, Extended Replcation, Japan-US Comparison
PDF閲覧
PDF

自由論題

経営理念の浸透次元と影響要因―組織ルーティン論からのアプローチ―

著者(全著者)
高尾 義明・王 英燕
著者(英文)
Yoshiaki Takao and Yingyan Wang
論文タイトル
経営理念の浸透次元と影響要因―組織ルーティン論からのアプローチ―
論文タイトル(英文)
The Dimensionality and Antecedents of Individual Adoption of Corporate Creed: An Organizational Routines Perspective
出版年
2011
巻号
44 - 4
ページ
52 - 66
要旨
本稿では,組織ルーティン論に依拠した新しい視点から経営理念の浸透を捉え,理念浸透の次元及び影響要因について質問紙調査を用いて検討した.その結果,共感・行動への反映・深い理解という理念浸透の3次元構造が見出された.また,組織成員の情緒的コミットメント,上司の経営理念に対する姿勢が理念浸透に与える影響を明らかにした.以上の結果を踏まえ,経営理念の浸透がなぜ難しいのかについて考察を行った.
要旨(英文)
This paper explores dimensions and antecedents of individual adoption of corporate creed, based on recent studies on organizational routines. Results indicate that individual adoption of corporate creed could be categorized into three dimensions: Empathic understanding, behavioral embodiment, and cognitive comprehension of the corporate creed. Furthermore, findings show how affective commitment and superior’s attitude to corporate creed affect individual adoption of corporate creed. Finally, difficulties regarding the adoption process are also examined in the paper.
キーワード
経営理念,組織ルーティン,組織成員の解釈,浸透の次元
キーワード(英文)
Corporate Creed, Organizational Routine, Employees' Interpretation, Dimension of Adoption
PDF閲覧
PDF

ビジネス・エコシステムにおけるニッチの行動とハブ企業の戦略―家庭用ゲーム業界における複眼的分析―

著者(全著者)
井上 達彦・真木 圭亮・永山 晋
著者(英文)
Tatsuhiko Inoue, Keisuke Maki, and Susumu Nagayama
論文タイトル
ビジネス・エコシステムにおけるニッチの行動とハブ企業の戦略―家庭用ゲーム業界における複眼的分析―
論文タイトル(英文)
Niches’ Behaviors and Hub-Firms’ Strategies in Business Ecosystem: Multi-Perspective Analysis for the Japanese Video Game Industry
出版年
2011
巻号
44 - 4
ページ
67 - 82
要旨
プラットフォーム・リーダーであるハブ企業は,ニッチのどのような行動を促せばエコシステムを繁栄させられるのか.エコシステムの繁栄のメカニズムを解明する上で鍵となるのが,マルチプラットフォーム環境下におけるニッチの多様な行動である.本研究では,相互補完的にエコシステムの健全性に貢献しうるニッチを,プラットフォームへの依存度の動態的な変化から四つに分類し,ニッチの望ましい行動とそれを促すハブ企業の戦略を複眼的に分析した.
要旨(英文)
The “Business Ecosystem” is one of the emerging key concepts of competitive strategies. Although most research has been focused on the hub firms within the ecosystem, it is niches that are responsible for creating most of the value in it. Thus, this paper focuses on not only hub firms, but also on niches. Based on differences of niches’ dependence on hub-firms, they are classified into four strategic types: Challengers, defenders, replicators, and opportunity seekers. According to our empirical study in the Japanese video game industry, the performance exhibited by each type varies. In addition, the findings indicate the potential for maintaining a healthy ecosystem by having each niche play a complementary role for the ecosystem.
キーワード
ビジネスシステム,エコシステム,プラットフォーム,キーストーン,ニッチ
キーワード(英文)
Business System, Ecosystem, Platform, Keystone, Niche
PDF閲覧
PDF

人事評価・処遇制度としての目標管理の運用と従業員の受容性―大手メーカーA社中央研究所の事例―

著者(全著者)
尹 諒重
著者名(英文)
Yangjoong Yun
論文タイトル
人事評価・処遇制度としての目標管理の運用と従業員の受容性―大手メーカーA社中央研究所の事例―
タイトル(英文)
The Operation of Management-by-Objective and Employees’ Acceptance: A Case Study of Central Research Laboratory Affiliated with a Major Electric Company
出版年
2011
巻号
44 - 4
ページ
83 - 95
要旨
本研究は,人事評価・処遇制度としての目標管理に対する従業員の受容性に影響を与える制度運用のあり方を明らかにし,制度運用と受容性の関係を公正性の観点から考察する。研究開発組織を対象にした分析の結果,制度の枠組みを超えるものを含めた制度運用の調整が従業員の分配的及び手続き的公正の認識に影響を与え,最終的に受容性を改善することが示された.
要旨(英文)
This research reveals a way of operating Management by Objective (MBO) for employees to accept their evaluation and compensation results, and analyzes the relationship between the operation of MBO and employees’ acceptance from the perspective of “justice.” The case analysis of an R&D organization indicates that the acceptance of evaluation and compensation results by employees was improved by fine-tuning MBO at an operating level, which influenced the employees’ recognition of distributive and procedural justice.
キーワード
目標管理制度,制度運用,受容性,公正性,研究開発組織
キーワード(英文)
MBO(Management by Objective), Operation, Acceptance, Jistice, R&D organization
PDF閲覧
PDF

組織科学特集タイトル一覧に戻る

大会参加

組織科学

投稿をお考えの方へ

投稿審査(採択)状況

編集委員リスト・SEリスト

バックナンバー

英文年報

組織学会大会論文集

編集委員会からのお知らせ

企画・定例会/支部研究会

学会賞・活動情報

国際交流

学会の概要と入会

お問い合わせ

公募受付中